おすすめの一冊

2016.11.21
人体600万年史 科学が明かす進化・健康・疾病 上・下

教員名:
カテゴリ:

十日町市に「100km徒歩の旅」という企画があるのをご存じですか。十日町青年会議所が中心となり、小学生たちが泊りがけで100kmを歩ききるというものです。「本当に、小学生にそんな長い距離が歩けるのか!?」と思うでしょう? 実は、間違いなく、みんな歩けるのです。ホモ・サピエンスでありさえすれば、こんなに長距離でも歩けるのです。
人類学は、なぜ、ヒトはこんなにも長距離を歩くことができるのかを教えてくれます。また、実は、この能力こそが人類の進化を推し進めた大きな力でもあるのです。こんなにも面白い人類学の最先端をこの本はわかりやすく紹介してくれます。他にも、「なぜヒトは誤嚥を起こすのか」、「骨はなぜ、適度な負担がなければならないのか」など、看護学生にとっても非常に興味をそそられる内容が満載です。ぜひ、一度、読んでみてください。