お知らせ

2019.10.28
読書週間企画展示「BOOKセラピー~本のお薬は、あなたのそばの図書館で~」を開催します(10/28~11/22)

カテゴリ:

秋の読書週間として、企画展示「BOOKセラピー~本のお薬は、あなたのそばの図書館で~」を開催します!

開催期間:令和元年10月28日(月)~11月22日(金)

開催場所:図書館 棚5柱前特設展示コーナー

 

「泣いてすっきりしたい」「キュンキュンしたい」「おもいっきり笑いたい」「新しいことにチャレンジしたい」「とにかく癒されたい」

そんなお悩みの症状に効く、本の処方本を展示します。

本のタイトルはわからないようになっていますので、借りてからのお楽しみです。

7月に当館で実施した「あなたのBOOKセラピーを募集」で応募があった16冊と、全国BOOKセラピーネットワーク(※1)で選書した図書が入っています。

今の気分にあった処方本を選んで、秋の夜長に読書を楽しみませんか?

ご来館をお待ちしてます!

 

 

<BOOKセラピーとは>

自己啓発本や心理療法に関する書籍ではなく、小説や詩集、歴史書や美術書など、様々なジャンルの本を読むことで、
心理的なストレスの軽減、トラウマの解消につなげる取り組みが、フランス、イギリスを中心に始まっています。
実際の効果については未知数ですが、読書の幅を広げる、読書を習慣づける等の読書活動の充実に貢献しています。

 

※1 BOOKセラピーネットワークとは・・・

自治体や館種を越えた連携ができたら、もっと図書館の可能性は広がるのではないかと、滝川市立図書館が声かけをしたことが始まり。帯広市図書館を皮切りに、交流のある図書館が参加協力をすることが決まり全国に渡る連携になったことから、苅田町図書館長・逆井氏の発案で「全国BOOKセラピーネットワーク」と名付けることとした。

 

追記 2019.10.31 上越タイムスに掲載されました!

reDSC04880